【大掃除で余った洗剤、どうしてますか?】

こんにちは。土濃塚です。年末の大掃除は皆さんやりましたか?よくみてみると「ここはこんなに汚れていたのか!」「なんでこんなものがこの中に!?」「へそくりの場所を変えたな、、、」など気づく点が多々あるかと思います。今回の記事は、そんな大掃除で購入し余ってしまった洗剤の使い方、大掃除で使う洗剤の代用品の作り方を教えたいと思います。
場所も取るし、あまり使わないので奥にしまってしまう大掃除洗剤は、これを気に使用度を上げて早めに処理しましょう。

 

 

トイレ洗剤

まずはトイレ洗剤からです。普段はトイレマジックリンなどの中性洗剤で掃除しているかと思いますが、大掃除の際はこういった強力なジェル状の「塩素系洗剤」を購入する方も多いはずです。ですが頻繁に使用するものではないので、当然余ってしまいますよね、、、。しかし、このジェル状塩素系洗剤、トイレ以外でも使えるんです!!
「トイレクリーナー」なので当然トイレを掃除する以外使えない、と思われがちですが、そんなことはありません。成分を確認して使う場所をしっかり選べば、まったく問題ないんです。このジェル状塩素系洗剤は、キッチン、お風呂場、洗濯機の排水口、浴室の壁など、カビが発生する場所などにも使用が可能です。


漬け置きしてからは、必ず洗いながしてくださいね!

 

漂白剤と食器用洗剤

漂白剤は大掃除に限らず、すでに持っているご家庭も多いかと思います。
その漂白剤と、あるものを混ぜるだけでカビキラーの役割になる洗剤が作れるのです!
その洗剤とは、、、

そう、どのご家庭にもあって必ず1日1回は使うであろう、食器用洗剤です。作り方は簡単です。漂白剤をキャップ1杯程度、洗剤はギュっと1プッシュ程度ですね。それを水で割ってよく振れば、「ほぼカビキラー」の完成です。あまり量をいっぱい入れてしまうと洗剤が強すぎてしまうので、少量でまったく問題ございません。カビキラーは意外と高いので、節約術としてもおすすめですよ!
ちなみに食器用洗剤を入れると、泡立ちの役目があり、汚れやカビに対して付着率がぐんとあがるので、より効果を発揮する為です。

 

撥水材

お題とはまったく関係ないのですが、良い洗剤があったので1つご紹介しておきます。さきほど「ほぼカビキラー」の作り方をお伝えいたしましたが、カビや水垢を防ぐ良い洗剤があります。それがこちら。
要は水回りなどの表面をコーティングしてツルツルにすることで、汚れの付着を少なくすることができます。これ意外と便利で、基本的に水回りのどこにでも使用できるので、掃除が面倒な場所でもある程度予防になります。

良く掃除して拭き取ってから使用してくださいね!これも吹きかけてしばらく放置してから、カラ雑巾などで拭き取ってください。

 

いかがでしょうか。
大掃除では多くものを買ってしまいがちですが、普段使わないものだったり日常的に使う洗剤で代用できたりと、工夫すれば色々と節約できるものなんです。
これを機に来年は家にある洗剤を把握してから買ったり、買った後ここに使えるな、など考慮していきましょう!!

関連記事

  1. 寒中お見舞い申し上げます。

  2. 【大掃除でやってほしいこと「レンジフード編」】

  3. 【トイレが臭ってきたらここをチェック!】

  4. 【トイレ掃除洗剤、酸性?それともアルカリ性?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー