【戸建てやマンションを購入したら、必ずやってほしいこと】

こんにちは。土濃塚です。まだ寒い日もありますがだいぶ暖かくなってきましたね。今年の桜は、あまり雨が降らなかったせいか、結構長く咲いているようです。桜、いいですよね。
さて、今回のブログは4月ということで、色々と新しいことが始まる季節です。お子さんが入学されたり、何か新しいモノを買ってみたり、環境が大きく変わる季節でもありますね。家を買ったりする方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな家を購入した方へ、「これだけは必ずやっておいて!」という、あることをご紹介させていただきます。

 

まず家を購入したら、皆さんはどんなことをされますか?今の家から家具を移動したり、手続きをしたり、生活に足りないものを購入したり設置したり、色々なことをやらなければいけないですよね。
ですが皆さん、お掃除業者として、そして皆さんと同じく家庭をもつ者として、これだけは言っておきます。まずは床のコーティングを行ってください!!

床のコーティングって自分でやるのもめんどくさいし、業者さんにやってもらうにしてもちょっと時間がかかるし、
安い金額でできるわけでもないのでなかなか手が出ない、、、。そんな中で進めなければいけない荷物運びやらご近所へのご挨拶やらが始まってしまい、結局忘れ去られてしまいます。
ましてや「オフィスでもないし、床のコーティングとか必要ないでしょ。そこにお金使うんだったら、バルミューダのトースターほしいぜ」なんて意見もあると思います。しかし、購入した家はもうこの先何十年も皆さんが住んでいく場所となります。さらに床は、家の中でもっとも多く触れるものです。家の中で床という場所は、一番重要になる箇所といっても過言ではないでしょう。


「いやいや。なんぼ言うてもそんな汚れへんやろ」と思ったそこの関西人のあなた。コーティングを行わず、30年経ってしまった写真がこちらです。

現代アートっぽくなっちゃいます。
というのは、嘘です。ごめんなさい。さすがにこんなにはならないです。もしこんななってしまったら床とかそんなレベルではないので、速攻で施工会社に連絡することをおすすめします。

大げさに言いましたが、先ほどもお伝えしたように、床はもっとも多く触れる箇所なので、当然他の箇所より先に劣化してきます。最初の2~3年は問題ないと思いますが、これが5年となってくると汚れが落ちにくくなる、何か物を落としてフローリングが傷付いてしまう、などなど、様々な現象が起きます。そしてそれが10年、20年と自身のお子さんの世代まで続いていくわけです。
わたしたちはただのお掃除屋さんではなく、建物の価値を保つ為の「投資」をご紹介しております。汚れてから、問題が起こってからでは遅い場合もありますので、皆さま、床のコーティングは必ず行うことをおすすめします!!

 

「じゃあ、床のコーティングってどうすればいいですか?」ということですよね。ええ、ええ。
皆さんも小学校の夏休み前に経験した(今はどうか知りませんが)「ワックスがけ」。これはほとんどが樹脂素材のものとなっております。樹脂なので、剥がれやすく、水にも弱いんですよね。これでもいいんですが手間がかかるのであまりおすすめしません。我々がおすすめするのは、ガラスコーティング材です。
そうです。一般的なものだと車とかに使うあれです。ガラスに使うコーティングっていう意味ではないですよ。これは特殊シリコン素材を使用しており、塗布する液体が透明で硬化する為、ガラスコーティングと言われているだけですので、床などに塗ってもまったく問題ございません。さらに衝撃にもものすごく強く、アレルギーが出るような材料も含まれておりませんので、お子さんがいるご家庭でも安心して施工ができます。

このガラスコーティングを行うと、20年ぐらい劣化させず、購入時の床を保つことが可能です。商品にもよりますが、大体そのぐらいは保ちます。
中でも、このガラスコーティングは劣化も防ぎますが、何より撥水性に非常に優れています。

水なんかをこぼした時に、このように玉になるんです!ペットがいる方やお子さんがいる方は、特におすすめします!

では実際にこのガラスコーティングを行うにはどうしたらいいの?ということなんですが、このガラスコーティング材は一般的に流通しておりません、、、。扱いが難しいんですよね。
なので基本的には施工会社さんか、我々、康栄クリーンアップにご依頼いただくかたちになってまいります。このブログで実質的に初めて我々のお仕事につながるような言葉を言っちゃいますね。
「皆さま、ご連絡お待ちしております」!!(笑)

 

皆さま、いかがでしたでしょうか。
通常のコーティングより高額ではありますが、その分、長持ちしてペットやお子さんが床を汚してしまっても、これで安心できるので長い目を見れば安いもんです。
これを機に是非ご検討してみてください!

関連記事

  1. 【お掃除湿布って、ご存知?】

  2. 【車の予防しましょう】

  3. 寒中お見舞い申し上げます。

  4. 【大掃除でやってほしいこと「壁紙編」】

  5. 【あなたの会社のホワイトボード、汚れていませんか?】

  6. 柔軟剤でホコリ除け

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー